えない気持ちになった…残虐なの

えない気持ちになった…残虐なのは、死刑と言う刑罰では無く、犯した犯罪である。 極刑を言い渡される程の大罪に、情は不要である。袴田さん釈放で改めて「死刑」を考える——日本の「死刑執行」の実態は? (弁護士ドットコム – 04月04日 14:30)冤罪と死刑は別問題だ、死刑制度が悪いのでなく冤罪を生む警察の体質こそが問題であって死刑は犯罪の最高刑であってそれに値する罪を犯したのだから承けるべき罰。自身が被害者側から考えてみたら答えは明白。このまま人口が増え続けて世界規模の食糧難にでもなれば、死刑反対などときれいごとも言っていられなくなるでしょうね。特に反対派の人間ほど手の平の返し方が凄い事になりそうだ。死刑と冤罪とをセットで考えない。いかに冤罪をなくすようにするかが問題なわけで、死刑に至るまでの囚人の扱いは関係ない。そもそも死刑廃止論者に話を聞く方が間違ってる。執行する人が可愛そうだもん・・・自殺すればいいのに世間は、私も含めて死刑について知らなすぎる。情報がなさ過ぎる。死刑について、もっと情報公開すべき。一度公開死刑でもすれば、死刑の恐ろしさが世に流布されることだ話が弾む真珠肌 即納ろう。罪人には死という罰が相応しい。…が、生かして命の限り罪を償わせる、これもある意味では死よりも辛い罰。生き地獄。刑罰の原理は応報刑なのだ。すなわち犯した罪に応じて報いを受ける。悔悛しようとしまいとそんなことは一切無関係であり、そうでないと刑罰の意味など無い。映画「グリーンマイル」を思い出した。主人公と共に生きたネズミが可愛かった(^-^)ミスジャッジをしたら死刑というのはどうだ証拠捏造で冤罪を生んだり自白強要など罪を着せる方が問題です死刑を執行するのは正義の実行。万一職業上の「覚悟」がない刑務官いたとしたら、インターネットで執行人を募集したらいい。私はいつでもクリックしてあげます!袴田さん釈放で改めて「死刑」を考える——日本の「死刑執行」の実態は? (弁護士ドットコム – 04月04日 14:30)「殺される方がマシ」という刑罰が考案されない限り、死刑制度は存続されるべきである。廃止を含む死刑のあり方と、冤罪(の可能性)による長期間の拘置の是非とは別に考えるべき。袴田さんの釈放は、死刑の是非より冤罪の構図を考える機会だと思うんだけどなあ。また始まったよ。冤罪